花粉のシーズンは終わったようだ

日差しが明るく、気持ちよい。 毎日の花粉情報をチェックしているが、どうやら本年度の花粉シーズン(すぎ花粉)は終了したようで、抗ヒスタミン剤の服用は本日をラストとした。 気温が上がってきたのでマスクが辛い。 二重マスクはもうそろそろムリだな。 …

ソシンロウバイ

これは、まるで太古生物かエイリアンの卵のようだけれど、実は、「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」の実。 1月ごろに黄色い花が咲き、花の後はこういうふうになってそのまま終了らしい。まるで蝋細工の様な花なので蠟梅という名前がついたとのこと。 実は食用に…

MacのMagic Keyboardを新調した

< after > iMacのキーボードを買い換えた。 「Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US) - シルバー」である。 付属物は、Lightning - USBケーブルで、充電に用いる。 今まで使っていたのが・・・ ↓ < before > まったく同一モデル。 既存のキーボー…

【books】『「グレート・ギャツビー」を追え』

『「グレート・ギャツビー」を追え』(ジョン・グリシャム著)読了。 出版日:2020年10月7日(日本)、2018年3月6日(USA)。 グリシャムなのに弁護士も法廷も出てこない。プリンストン大学の図書館からフィッツジェラルドの直筆原稿が盗まれ、その行方を追…

ダブルにアートな日

北の丸公園にあるフレンチ・イタリアンの店 L'ART ET MIKUNI ラー・エ・ミクニ でランチ。通常のメニューは肉や魚を用いた料理を含むけれど、事前に連絡しておけばベジタリアン対応もしてくれる。 広々した店内(感染症対策でテーブルとテーブルの間隔がとて…

まるで水彩で描いた絵のような空

sky

ランチに出た時に、空を見上げたら、シマシマだった。 スカイブルーに白い雲がエアブラシを細めにして描いたような、あるいは水彩絵の具で筆で描いたような、まるで絵みたいな空だった。 こういう帯状の横縞の雲は「地震の前触れ」という人もいるけれど、そ…

Veloceのソフトクリーム・コーン

Veloce ではアイスココア・フロートをいつも頼む。 甘い飲み物は好まないけれど唯一の例外がアイスココア。 特にVeloceのものは乗ってくるソフト・アイスクリームが絶品なのだ。 それだけ食べたいと思っていたら、とうとうアイスクリーム・コーンが発売とな…

アオドウガネ

朝の散歩で出会った風景。 池の向こうは「ツツジ山」という少し小高くなった丘で、名前のとおりツツジがたくさん植わっている。例年だと5月に真っ赤になるのだけれど、今年は早くて、すでに五分咲きくらい。丸く刈り込まれたツツジは赤い花が多くて真っ赤な…

電源タップ買い替え

電源タップをたくさん買った。 古めのタップを入れ替えるため、用途に応じていろいろ購入。基本的には口数とコードの長さで選択。 タップの入れ替えは面倒な作業。 なぜかというと、配線は見えないようにしているので、どれも届きにくい場所でものをどけたり…

静寂が戻ってきた朝

朝は新宿御苑の散歩。 桜マッドネスが終わり大量に押し寄せた花見客も減少、いつもの静寂がもどってきた。 池には黒い水鳥がすいすいと泳いでいる(写真左下)。 サツキ、新緑が輝く木々、青空、そして呑気に泳ぐ水鳥、なんて平和な世界なのだろうと心が安ら…

雷雨

朝から晴れて穏やかな一日だったのに、夕方になり突然くもり、すぐに雷雨になった。 天気予報通りで驚いた。 わたしはというと、帰宅していたので窓から天気が変わっていくのを眺めていた。 自分が濡れない場所にいるかぎり大雨とか雷雨をみるのは大好き。 …

サツキ

東京はあちこちでサツキが咲いている。 植物に詳しい友人によると、例年より1ヶ月くらい早いのだという。 ここはピークになると全てが赤やピンクの花で覆われるのだけれど、今の段階では、咲いているのと咲いてないのとがある。気の早い株とそうでない株なの…

イースター・サンデー

雨という天気予報が大きく外れてからりと晴れた穏やかな日曜日になった。 やはりイースター・サンデーは晴れた日が似合う。 エッグハントもイースター・バニーもないし、イースター・バスケットもないけれど、この花壇がまるでイースター・バスケット! Happ…

オオタカ

新宿御苑にはオオタカが住んでいる。 去年はつがいが仲良く子育てをしていたが、暮れからパンデミックで一時閉園していたのでその後どうなったかと思っていた。 3月下旬に新宿御苑は再オープン。散歩ルートなので毎日のように行っているが、オオタカは無事に…

天使のはしご

sky

今日も季節外れの暑さ。 夕方、南西の空に天使のはしご。 我が家から見たこの角度では、じつは、天使のはしごは珍しくなくて比較的ひんぱんに見られるのだけれど、今日のように扇を開いて逆さまにしたような左右対称に大きく広がる光線は滅多にない。 雲の切…

華やかな八重桜

気づいたら3月が終わって4月になった。 今年の1/4が過ぎ去ったということだ。パンデミックで2020年2月頃から正常な時の流れを感じなくなっているようだ。 自然界の草花はコロナどこ吹く風と季節が変わっていくのをちゃんと表現している。 サクラは相変わらず…

東京に黄砂がやってきた日

今日の東京は景色が靄(もや)っている。 なんと黄砂なのだそうだ。 ゴビ砂漠など中国内陸部の乾燥地域の土壌・鉱物粒子が舞い上がり風向きによっては日本まで飛来するというもの。 関東地方は山に囲まれているため、黄砂は届かないことが多く、今回も10年ぶ…

ピンクの絨毯

春の嵐の翌日は、ピンクの絨毯を楽しむ。 強い風雨でサクラの花びらがたくさん散り地上に堆積した状態で、好きな景観。 ピクニックランチにしようと思っていたのだけれど、花粉やPM2.5などで空気の状態がよくないので予定変更し、帰宅しておうちランチとした…

春の嵐 // 正しさの用法用量

日曜日の東京は昼過ぎから春の嵐になった。 不穏な空、強い風雨に、さすが花見客も数えるほど(嵐でも数人は歩いていた)。 朝のうちに散歩。 時々小雨がぱらつくのでフードを被って歩く。 あやしい人? ひととおり歩いて帰ろうと出口に向かい、「出口」と書…

有機ヴィーガン醤油ラーメン

ヘアカットのために4週間に1回は広尾に行く。 広尾は、わたしの食生活にあう品を扱う店が何軒かあるので食料品の買い物をしてから帰る。 どのような店かというと、「MEIDI-YA」、「ナショナル・スーパーマーケット」そして、自然食品店 「F&F」。F&Fでは自家…

じゃんがら ヴィーガン・ビストロ

散歩がてら原宿まで歩く。 我が家から原宿までは普通に歩くと20分くらいだが、歩くのが目的なので路地探検などして遠回りして40分くらいかける。路地探検は常に新発見がありとても楽しい。 原宿に到着するとランチタイムなので、かねてから目をつけていた店…

新宿御苑のサクラ

新宿御苑を歩いてきた。 新宿御苑は、新型コロナヴァイラス感染拡大を防ぐことを目的として昨年末から休園していたのだが、本日、87日ぶりに再開園となったのだ。 咲き始めたサクラが青空に映える。 水にうつった花もよい。 オフィシャルには「満開」とのこ…

春の嵐の後に見つけたもの

日曜日の東京地方は春の嵐。 一日中、強い風雨となった。 翌月曜日の今日は晴れ。 バルコニーの掃除をする。 南西の風だったので、我が家のバルコニーに風雨が降り込み、床や手すりに砂埃がたっぷりだったので濡れタオルで拭きとる。 (こういう時に、保存し…

初めての剪定ハサミ

昨日アマゾンにオーダーしたこういうものが届いた。 人生で初めて買った「剪定ハサミ」である。 わたしは最強の枯らし屋なので、プランツは基本的には家に置かない派なのだが(室内のグリーンは全てフェイク・プランツ)、アイビーは誰でも枯らさずにすむと…

銀行強盗に間違えられたらしい

いつもの銀行で、いつもの担当者とのアポ。 案内されて2階のオフィスに向かったところ、見知らぬ長髪の行員が血相をかえて駆け寄ってきて「何か御用でしょうか」と言うではないか。 何年も同行に来ていてこんなことは初めて。 思うに花粉症対策万全の装束に…

洗面ボウルに(簡易)撥水コーティングをした

掃除は特に好きでは無いけれど嫌いでもない。 正確に表現するなら、汚いのが嫌いなので、そのためには面倒な掃除も厭わない。 特に、光るものはピカピカな状態が好きなので、その維持のためにはマメに手入れをしている方だと思う。 我が家の洗面ボウルは、キ…

暖冬とサクラ

今年はかなりの暖冬で、サクラの開花も早い。 定点観測している近所のサクラの木だが、いつもは3月中旬から下旬ごろに満開になるので、そろそろかと見にいったらピークを過ぎていた。 「サクラの開花宣言」というものがあり、なんと気象庁の仕事なのだそうだ…

早起きが好きな理由

sky

03/14/21 at 06:09 早起きすると良いことがいくつかある。 視覚的には、刻々と変わっていく空の色を楽しめること。 トップ写真は、日の出(05:54)の少し後。 我が家は西向きに窓があるので、東から昇ってくる太陽は見えないけれど、赤みのある朝の太陽光に…

【book】『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 Kindle版 』

東京は朝から一日中雨。 午前中にジムに行ったあとは、家ごもり。 こういう日は、ペーパーワークを片付けるのに最適。 Amazonからダウンロードした『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 Kindle版 』を仕事の合間に少し読む。 題名は教養だけ…

あれから8年、特別な日のランチはインド

この日は、わたしにとり特別な日。 毎年、特別な気持ちで特別なランチとしている。 今年は、母が好きだったインドカレーの店で彼女の好きだったメニューとした。わたしも勿論お気に入り。 人生を祝った。 入り口の感じは、ごちゃごちゃしているけれど味に間…