ぎっくり腰のシンクロニシティー


 

f:id:lunarmagic:20200526165644j:plain

月曜日の朝、椅子から立ち上がろうとしたら腰に違和感。そして程なくして、患部がこわばりぎっくり腰発症となった。

  

持病であり一年に一回くらい発症するので対処法は心得ている。
最初は安静にして、その後はごく軽い動作を行う。
歩くならスモール・ステップでゆっくり。
椅子には浅く腰掛け背筋を伸ばす。
特別のストレッチを実施する、など。
すべての動きはゆっくりとすることが重要。

 

いつもだいたい3日半で治るのだが、今回は軽傷なので、2日くらいで完治することを期待したい。

 

 

不思議なのは、1日前に、仲のよい友人から「ぎっくり腰になった」とメッセージが来たばかりで、なんとその翌朝の発症。わたしも彼もそんなにしょっ中ぎっくり腰になるわけでも無いのに同じタイミングとはなんたるシンクロニシティー。

 

 


 

Health Data: (05/25/20)

  • Fitness: 9,156 steps, 4.2 km, 7 floors, Pushups 0, Crunch 0
  • Body: Weight 45.1 kg, Body Fat 20.0 %、BMI 18.19
  • Vitals 112/66/65
  • Basal Body Temperature 35.4℃。

 


映画の一場面のような新宿三丁目は見納めかも


  

f:id:lunarmagic:20200524131441j:plain

 

ランチを買いにいつものサンドイッチ店へ。

 

店は新宿御苑前にあるが、テイクアウトが出来上がるのを待つ間に足を伸ばし新宿三丁目まで歩いてみた。

 

新宿御苑前から新宿三丁目まではゆっくり歩いても5分とかからない。緊急事態宣言後は用がなかったので、一回も行っていなかった地域だが、25日にも緊急事態宣言が解除となり営業自粛要請の緩和も間近とみられるので、こういう光景は変わるだろうと思ったのも歩いてみた理由。

 

いつもは人や車でごったがえす新宿通り(R20:甲州街道)。しかし、伊勢丹もマルイもその他多くの店が営業休止中で歩道を歩く人もまばら。

 

これはTVシリーズウォーキング・デッド」やその他の人類存続危機映画の一場面みたい。わたしはパニック映画やディザスター映画は大好物だし、また、映画「アウトブレイク」「コンテイジョン」「復活の日」といった病原体アウトブレイク・ジャンルの映画は大好物なのだ。つい最近まで「パンデミック」という言葉は映画の中でしかしらなかったが、こうして現実になり経験することになろうとは。そうそう、「12モンキーズ」も良かった。

 

映画はさておき、現実社会では段階を経て経済活動が再開されるが、上手にコントロールして第二波、第三波のダメージが最小限となるためには、我々一人一人の良識ある行動がとても大切。

 

 



Health Data: (05/24/20)

  • Fitness: 10,118 steps, 5.4 km, 5 floors, Pushups 0, Crunch 0
  • Body: Weight 45.0 kg, Body Fat 19.7 %、BMI 18.15
  • Vitals 101/64/65
  • Basal Body Temperature 35.3℃。

 


ホラをふく人


 

f:id:lunarmagic:20200523055528j:plain

 

今日、法螺(ほら)を吹く人と出会い色々と話を聞くというチャンスがあった。

・・・・・・

 

早朝の散歩で神宮外苑を歩いていた時の出来事。

どこからか「ぼぉおお〜」という音が聞こえて来る。

朝の静かな空気のなかの響きに誘われて音源の方向をたどる。

するとベンチのそばで男性が法螺(ほら)を吹いていた。大きな貝である。昔は山伏が合図に用いていたあれである。その音から、”ほら”かなぁとは思ったけれど、近代にそれも都心でこういう光景にであうとは想像もできなかったので演奏者に近づく。

 

ちょうど休憩にはいったところだったので好都合。

当方「それは何の楽器ですか?」

先方「法螺です」

当方「わぉ、あの山伏とかがふくものですよね」

先方「そうなんです」

当方「一体どういうキッカケで法螺を?」

先方「実は僕は天狗が好きなんですが、友人に天狗好きなら法螺を教えてくれるところがあると言われて面白そうだなって思って・・・」

当方「むずかしそうですね、どのくらいやってるのですか?」

先方「1年くらいです」

当方「服装は普通ですね。山伏とか天狗とかの衣装は着ないんですか?」

先方「実は山に行く時はそういう格好をするんです」

おもしろい人!

 

ホラ吹きといえば、ありもしないことを大げさにウソをついたりする人のことを言うが、語源は、この法螺。法螺貝をふくと大きな音がすることから、大言壮語することを「法螺を吹く」と言うようになったのだそうだ。今日会った人は法螺貝を吹いていたが、法螺吹きではないと見受けた。

 

最後に写真撮影。練習中は茶色い編み物ケース(貝の下に写っている)に入れていたが、写真を撮って良いですか、と聞いたら、わざわざケースから出してベンチに形良くおいてくれた。

 

こんな法螺吹きなら大歓迎。

 

 



Health Data: (05/23/20)

  • Fitness: 3,675 steps, 1.9 km, 3 floors, Pushups 0, Crunch 40
  • Body: Weight 44.5 kg, Body Fat 19.6 %、BMI 17.94
  • Vitals: 103/57/63
  • Basal Body Temperature: 35.8℃

 


蕎麦のテイクアウト


 

ランチは蕎麦のテイクアウト。

 

f:id:lunarmagic:20200520114344j:plain

 

ざる蕎麦は茹でたてを賞味するものであって、テイクアウトの対象にはなりえないと思っていたが、店の前にテイクアウトの広告が出ていたので購入してみたもの。

 

考えてみれば、蕎麦屋は出前があるのだから、テイクアウトと調理してから食べるまでに経過する時間に差はないわけだ。

 

持ち帰った蕎麦はどうだったかというと、とても美味しかった。茹でたてだったらもっと美味しいのだろうけれど。

 

薬味のパウチにこんなものが入っていた。

 

f:id:lunarmagic:20200520120240j:plain

 

 なんとウズラの卵。

 

振ってみたら殻の内側は流動性のある状態と思われる手応えだったのでゆで卵ではなくて生卵と判断。ざる蕎麦に生卵とはどういう理由かと思い友達に話したら、関西スタイルだとつけ汁に生のままの卵を投入して食べるのだそうだ。わたしには無理(生卵は食べられない)。

 

この店は、かつて母親とよく来ていて、蕎麦が美味しく母親もわたしもとても気に入っていたのだけれど、ある時に店内のリノベーションをして椅子とテーブルを撤去してしまい床座専門店となってしまったので来なくなってしまっていた。

でも、テイクアウトがあり再びこの店の美味しい蕎麦を食べられることになったことを知り大きな収穫。

 

 

f:id:lunarmagic:20200520112758j:plain

 

新型コロナウイルスの影響で、多くの店がテイクアウトを提供するようになったので、いろいろ試せておうちランチがバラエティー豊かになっている。

そして、今回のように、店内の構造変化によりもう食べることは無いのだと思っていた店のものも再び味わえることになったりと、最近の傾向に嬉しい面も見出している。

 

 



Health Data: (05/22/20)

 

  • Fitness: 7,788 steps, 4.4 km, 5 floors, Pushups 40, Crunch 0
  • Body: Weight 44.7 kg, Body Fat 19.7 %、BMI 18.02
  • Vitals: 108/70/61
  • Basal Body Temperature: 35.5℃

 


ヘアカットのリスク量と今後


 

f:id:lunarmagic:20200521093814j:plain

 

 4週間に1回のヘアカット。

 

場所は広尾にあるサロンで、天気が許す限り新宿区の我が家から徒歩で往復する。新宿といっても我が家は新宿区・渋谷区・港区の接点のような地域にあり、広尾までは徒歩で45分くらい。青山墓地の横を通るルートは人通りも多くないし緑が豊富なこともあり気に入っている。

 

写真は六本木通り。交通量はそこそこ多い。

 

ヘアカットの店は緊急事態宣言で営業自粛対象業態ではなかったっものの自主的に営業を休止しているところも多いようだが、わたしの行く店は通常営業している。

スタイリストと2メートルのソーシャルディスタンスを取ることは不可能(スタイリストが身長4メートルくらいあり腕の長さが2メートルならば別だが)だという点がハイリスクとみなされている点だと思う。でも、スタイリストはわたしの横か後ろで作業するわけで双方は対面しておらず、またどちらもマスク着用をしているし、あまり会話もしなければリスクはそう高くないと思う。

 

店によっては隣の客と近い場合もあるかもしれないが、わたしの行く店の場合は、完全予約制で店内にいる客は多くて2名で、距離は5メートルはありそう。

 

そういうわけで理容室・美容室が危険というのも、店によりリスク量は大いに異なると思われる。

 

さっぱりカットしてもらい、次回は4週間後。そのころは東京都の緊急事態宣言も解除されていると思われ、多くの経済活動が再開しているだろうけれど、しかし、ソーシャルディスタンス、手指を洗う、マスクなどの「新しい生活」様式はこの先、何ヶ月も続きそう。

 

わたし的にはソーシャルディスタンスは好きだし、手指は以前より石鹸で洗ったり外出時は消毒ジェルを持って歩いていたりしていたので特に”新しく”はないが、新習慣であるマスクがネック。特にこれから暑くなるのに、マスクをして出かけるのはあまりの難行苦行で気が重い。引きこもり度が高まりそうな予感。

 

 



Health Data: (05/21/20)

  • Fitness: 13,100 steps, 7.5 km, 4 floors, Pushups 0, Crunch 50
  • Body: Weight 44.6 kg, Body Fat 20.1 %、BMI 17.98
  • Vitals 106/62/61
  • Basal Body Temperature 35.8℃

 


ヴィーガン・カップ麺を食べてみた


 

ベジタリアンなので、一般的なカップ麺は食べない。動物性食材が含まれているからだけれど、今回、ヴィーガン仕様のカップ麺があることを知ったので試してみた。

 

f:id:lunarmagic:20200420100203j:plain

 

自由が丘本店、東京駅他に店舗のあるヴィーガン・レストラン T's レストランと食品メーカーヤマダイ食品の共同開発による製品とのこと。

 

f:id:lunarmagic:20200420100209j:plain

 

このように、動物性食材やMSGグルタミン酸ソーダ:わたしはこれにアレルギーがある)などの化学調味料を使用していないので安心して食べることができる。

 

封を切ると、カップの中には乾燥した麺とパウチ2つが入っている。

1つはかやく、もう片方は液体スープ。

 

f:id:lunarmagic:20200420100713j:plain

 

カップにかやくパウチの中身を入れて、沸騰したお湯をカップ内に記されている線まで入れる。ふたをして、蓋の上に液体スープパウチを置く(温める目的)。

 

4分後、蓋を開けて、麺と加薬をよく撹拌してから液体スープを投入。

 

完成!

 

f:id:lunarmagic:20200420110530j:plain


枝豆やグリーンの葉っぱはどちらも歯ごたえがあり美味しい。フリーズド・ドライの技術は大したものだと感心する。

 

担々麺というのはピリ辛のヌードル・スープのことなので、見た目の色は赤くて激辛っぽいが、実際の味は見た目とは異なりマイルドな辛さ。

 

美味しかった。

 

問題は量が少ないこと。これだけでは一食にはまったく足りない(当社比)。他にもいろいろ食べておいしいランチとなった。

 

 

 

 


 

 


 

Health Data: (05/17/20)

  • Fitness: 10,555 steps, 5.5 km, 3 floors, Pushups 20, Crunch 0
  • Body: Weight 44.8 kg, Body Fat 20.2 %、BMI 18.06
  • Vitals 115/65/68
  • Basal Body Temperature 35.8℃

 


うろこ雲と国立競技場


 

f:id:lunarmagic:20200516092749j:plain05:51AM on May 15, 2020

 


 毎朝のルーティンのひとつが早朝の散歩(またはランニング)。

 

ルートは毎日おなじで、国立競技場の近くの神宮外苑の杜を一周する。その日の気分で歩くか走るかあるいはそのコンビネーションとなる。だいたい5時半過ぎに家をでて約30分で帰宅する。

 

その時間だとまだ暑くないし、また、人はあまり多くない。遭遇するのはすべて運動目的の人でたいていソロ(1人)、ごくたまに2人。走っているか歩いているかでいずれにせよ混雑はなくソーシャル・ディスタンスは問題ない。

 

この日は、朝からからりと晴れて空にはうろこ雲。国立競技場がどら焼きみたいだと思ったが、ギリシャかローマのスタジアムにも見える。隈さんの建築は周囲の環境によくマッチして、ローカルな住民としてはこの新競技場は喜んで受け入れることができた。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

Health Data:  (05/15/20)

 

  • Fitness: 7,175 steps, 3.8 km, 5 floors, Pushups 40, Spin 0 min.
  • Body: Weight 45.0 kg, Body Fat 19.6 %、BMI 18.15
  • Vitals 108/62/63
  • Basal Body Temperature 35.8℃