不思議なモザイク


ホテルの部屋でゆっくり朝食を済ませ、10時半にチェックアウト。

11時半すぎにレンタカーを返す。空港まではレンタカー会社のシャトルバスで移動。すぐにチェック・イン、スキーを預けて身軽になる。最近は飛行機の預ける荷物は有料な事が多い。今回利用のコンチネンタル空港の場合、一個目の荷物は15ドル。

ランチは空港内のメキシカン・レストラン『Gardunos』にて、野菜のブリットー。ズッキーニ、玉蜀黍、人参、ピーマンなどの炒めたものがブリットーに巻かれている。非常においしかった。食べきれない分はテイクアウト、機内の弁当とする。

2時にボーディング、2時半の出発という予定だったが少し遅れて、テイクオフは3時過ぎ。

アルバカーキからヒューストンまでのフライトの機種は、ERJ-145。ERJは Embraer(Empr Bras Aeronautica)という名前のとおりブラジル製のエアークラフト。とても小さなジェット機で2人席が2列。わたしの席は前から3番目で一列。窓際かつ通路側という良い席。砂漠や岩山、それから不思議なモザイク模様(何なのだろうか?)などを見下ろしながらの1時間50分のフライトを楽しんだ。
ヒューストン到着は一時間の時差があるので現地時間6PM。乗り換える飛行機の出発時刻は7:10PMなのでターミナルの移動時間を含んでもタイトではあるが問題なく間に合う。しかし、連れは顔面蒼白になり「間に合わない」と悲壮な表情。パニックになりやすい人っているものだ。

ヒューストン空港はかなり大きくて、違うターミナルへは電車で行く。乗り換えターミナルに行き、問題なく乗り継ぎ便にボーディング。こちらはボーイング757。3-3-3列の標準サイズジェット。7時半ごろ離陸。2時間48分のフライトなので映画を見ることができる長さなので早速一本選んでスタート。ほどなくして夕食がサーブされる。サラダとピッツア。まあまあ。映画は『City of Ember』。200年後の地球が舞台のSFファンタジー。面白かったが途中からお子様映画に変貌してしまった事もあり、寝てしまったので結末はわからず。どうでも良いけれど。

NJのリバティー空港着はほぼ定刻どおりの11:15PMごろ(時差1時間)。荷物が出てくるのに時間を要し、さらに予約しておいたカーサービスの迎えがなかなか来ないで、結局、空港を後にしたのは12時半くらい。10日ぶりに海抜ほぼ0メートルという低地に、妙に空気が重く感じたのだった。

---

今日の食事:

今日の運動:

  • インラインスケート ・・・ 0.0 Km (当月累計 18.0 km ログ )
  • ストレッチ等 ・・・ 腹筋 0、レッグ・ストレッチ 0、腕立伏 0
  • ダンベル ・・・ Curl 0、Lateral Raise 0、Press 0

今日のボディー・モニター数値:

  • 体重 ・・・ NA LBS
  • 体脂肪 ・・・ NA %
  • 水分量 ・・・ NA %

19:29 1/27/2009